アルツハイマー型認知症 進行を遅らす為に。

平均睡眠時間の違い

平均睡眠時間がどれくらいかは、人によっての個人差が大きいですね。

私は基本的に7~8時間は寝ないと辛いというか、スッキリ起きることが出来ません

最低でも5~6時間は眠らないとかなり辛い。

毎日になってくると、5時間程度の睡眠では全然足りなくなるので、8時間を基本にしています。

6時間くらいが普通だと聞きますが、本当?とか思ってしまうほど、6時間程度が毎日だと辛い。

でも、ゆっくり布団の中で眠るのが大好きなので、ゆっくりと睡眠をとることが出来る環境に感謝です。
[PR]
# by alzheimers1 | 2009-11-16 23:20 | 健康の為に気をつける

発毛を促進したい

どんな症状でもそうですが起因をつきとめ、ピンポイントで処方していけばより早く効率的に改善できます。
薄毛や抜け毛症に関しても同様です。
複数の起因が絡み合っている場合も多々ありますが見落とす事なく処方できると良いです。

色々な発毛促進剤を使用しても効果がイマイチであれば、まだ起因に見落としがあるのかもしれません。
高品質な発毛促進剤が発売されていますが、全ての人に、色々な起因に効く特効薬は存在しません。
発毛促進剤に頼りすぎて他は何もしないでは効果もあまり出ないはずなのです。

例を挙げると血行を良くする発毛促進剤を使用したとしても、血液がドロドロ、肩こりが酷いなど血流が滞っている状態であれば栄養を十分に頭髪に送る事は出来ませんよね。
やはり自分に合った発毛促進剤を選ぶと同時に、毎日の食生活や生活習慣、ケアの仕方など総合的に改善する必要があるのです。

CMであるように、ただ頭にパッパッと振りかけていては駄目です。まず発毛促進にはなっていないでしょう。
貴重なお金や時間を使う訳ですから、「発毛促進剤をより効かせる」手段を勉強しておきましょう。


■自分の症状、スカルプを確認

発毛促進剤も高価なものがありますが、症状やスカルプに合っていないのに使用している、なんて馬鹿げた事にはしたくありませんね。
いくら高い発毛促進剤でも、全ての薄毛に効果があるなんて事はありませんので、自分の症状やスカルプに効く発毛促進剤かどうか、しっかり見極めたいものです。

例えば、今使用している発毛促進剤であまり効果が無いのであれば、処方の仕方を変更しなければなりません。

スカルプの状態が炎症、かぶれ、痒み、フケなどの症状であれば、まずスカルプの状態を正常に回復させてから発毛促進剤を使用しないと効果は無いでしょう。
荒れた大地を耕さずにいきなり肥料をまいている様な行為です。

■使用する量と回数

ご自分のスカルプに合った発毛促進剤であれば、たっぷり使用することをお薦めします。
発毛促進剤の効果は、使用する量と回数にほぼ比例して表れるのです。
結構高価な発毛促進剤が多いので、もったいない気がしますが本当に効いていると感じた場合は惜しげなく使ってみて下さい。
[PR]
# by alzheimers1 | 2009-11-09 12:17 | 育毛の知識

髪の毛のためには食生活から

頭髪にも細胞があり体の一部なのですから、健康な髪にする為には当然、十分な睡眠、生活習慣、規則正しい食生活が必要です。
睡眠不足を続けることでお肌にも悪いですが、頭髪もパサつき、ツヤも失ってしまいます。
又、発毛促進、抜け毛の予防にバランスの良い食生活を心掛けましょう。
髪の成長にはビタミン、ミネラル、たんぱく質を摂取することが必要です。

コンビニ弁当、ファーストフード、インスタント食品など栄養の偏った食事を続けると、体にも悪影響ですし髪にもよくありません。
髪はケラチンと言うたんぱく質から構成されています。
偏食やダイエットによる栄養不足は十分なたんぱく質が摂取できませんので頭髪が細く弱くなります。
バランスの取れた食生活を送ることで心身共に健康になり、スカルプや頭髪にも良い状態を保ちましょう。

血液が何らかの理由でドロドロになると血行が悪くなって必要な栄養素がスカルプや頭髪まで行き届かなくなります。
スカルプや頭髪に届けられる栄養は、人間の生命維持に必要な臓器に届けられた後、一番最後に届けられるのです。
頭髪まで栄養が行き渡らないと言うことは、どこかで必要な栄養素が途絶えている、と言うことなのです。
もしかしたら生命維持に必要な臓器にも栄養が行き届いていないのかもしれません。

頭髪が教えてくれている体の異常のメッセージを素直に聞き入れて、生活習慣と食生活を見直し、体全体を正常に戻すことが重要です。
体が正常になれば十分な酸素、栄養を含んだ血液が体中を巡回し、スカルプにも頭髪にも栄養素を届けてくれますので自然と頭髪も生えてくるのではないでしょうか?

人間にとって、一番重要で、効果的な発毛促進、発毛の手当てとは、心身ともに健康な状態を作り持続することなのです。
「継続は力なり」と言う言葉がありますが頑張って心身ともに健康で、頭髪も生き生きし続けることを願います。


頭髪は爪と同じ様に、肌の角質層が変化して構成されたものです。
しかし肌は生きた細胞ですが、頭髪は死んだ細胞なのです。
ですから頭髪をカットしても痛くありませんし、ついついドライヤーやカラーリング、パーマなど負担をかけてしまします。
頭髪自体には自己修正機能がありませんので、一度負担をかけて痛めてしまうと自然に治癒することはありません。

重要なのは、頭髪を傷めないと言うことです。
もし負担をかけて痛めてしまったらきちんとケアをすることが必要なのです。

しっかり栄養補給を心掛け、頭髪をできるだけ傷めない、これが健康で丈夫な頭髪を育てる一番重要なことなのです。
[PR]
# by alzheimers1 | 2009-11-05 17:37 | 育毛の知識

アルツハイマー型認知症末期

アルツハイマー型認知症の場合、自分が今どこにいるのか、今日は何日かわからなかったりすぐ前の食べたものを忘れてしまうといった、記憶障害とは別に、見当識障害と呼ばれる、失行、失行、失語、失認という身体的な症状も起こります。

失行とは、器質的な病変がないにもかかわらず行動が正しく行われない事で、失語とは聴覚や発生機能に異常がないのに言語の理解や発声が障害されている状態、失認とは、本来認識すべき対象に対して正常な意味理解ができない事をいいます。

これらの症状が進行すると、めまいや頭痛といった心気症状がみられたり、失語状態や歩行障害が悪化して日常生活にも支障が生じます。

身体的な症状としては通常、神経系以外の異常や変化は起こらないのですが、歩行困難等神経系の変化から異常が起こることで、症状が進むと寝たきりになってしまいます。

清潔感や道徳観が失われて、性的に問題のある行動が見られることがあったり、排尿を場所をわきまえずにするといった行動も生じます。

夜間に幻覚をみることがあり、大声をあげて、一緒に暮らす家族の生活に大きな影響が及んでしまうことがあります。


アルツハイマー型認知症末期は完全な認知症状態になり、通常は発病してから十年ほどで死亡するといわれています。
[PR]
# by alzheimers1 | 2009-10-24 14:46 | アルツハイマー型認知症の症状

気付く事。

老年期の認知症のひとつで、六十五歳から七十歳位に現れるアルツハイマー型認知症がありますが、脳血管障害によっておこる脳動脈硬化などの脳血管性認知症とは区別されています。

アルツハイマー型認知症には、記憶障害や被害妄想、身体的症状等のさまざまな症状が現れます。



被害妄想

食事をしたことを忘れてしまう様な記憶障害から、家族が自分にだけ食事をさせてくれないと思い込んでしまう等の被害妄想が強く出ることがあります。


記憶障害

物忘れが酷くなることから、記憶障害がアルツハイマー型認知症の場合始まります。

何度も同じ質問をしたり、食事をしたばかりだというのに食べたことすら忘れてしまい、またすぐに食事を要求するといった比較的最近に起こった事柄の記憶が失われ症状が現れます。


さらには、自分が今、どこにいるのかわからない、今日は何日なのかわからないといった、現在自分が置かれている状況がわからなくなる、ということもあります。


身体的症状

アルツハイマー型認知症の症状には、記憶障害や被害妄想傾向以外にも、、失語、失行、失認や、頭痛、めまいなどの心気症状などの見当識障害と呼ばれる身体的な症状が現れます。

さらに進行すると、日常生活に支障をきたすほど失語症状や歩行障害がひどくなってしまいます。
[PR]
# by alzheimers1 | 2009-10-12 10:50 | 健康の為に気をつける



アルツハイマー型認知症はまだハッキリとした治療法が見つかっていない病気ですが、アルツハイマー型認知症と付き合っていく為に、少しでもお役に立てれば幸いです。
カテゴリ
全体
アルツハイマー型認知症の原因
進行を遅らせる
予防する
アルツハイマー型認知症の症状
認知症になったら
アルツハイマー型認知症の薬
老人期の認知症
健康の為に気をつける
育毛の知識
睡眠
未分類
最新の記事
以前の記事
お役立ちリンク集
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧