アルツハイマー型認知症 進行を遅らす為に。

カテゴリ:老人期の認知症( 2 )

共に生きる。

歳をとれば誰もが少なからず経験する、物忘れがひどくなるような記憶力の低下を「老人ボケ」といいますが、現代では高齢化に伴う認知症が増加傾向の為に社会的な問題となっていて、アルツハイマーという言葉は誰でも知っている病名となりました。

老人期の認知症(知能のはたらきが低下した状態)は正常な社会生活を営むことが困難になる病気ですが、アルツハイマー型認知症、ピック病、コルサコフ症候群、クロイツフェルト・ヤコブ病と四種類あります。


認知症は高齢者に限ったことではなく、脳のなんらかの病気が原因のことが多く、若い人でも、脳の広い範囲に交通事故などで損傷を受けると、認知症が後遺症として生じたり、脳の病気等が原因で認知症が起こることはありえます。

その逆に、多少は物忘れがひどくなるということはあるかも知れませんが、歳をとればすべての人が、日常生活に支障をきたすほどの老人期の認知症を発症するというわけでも決してありません。

今食事をしたばかりにもかかわらず、自分では食べていないと思い込んでしまう様な、普通に日常生活を送るのが困難で、看護なしでは自立した生活が営めなくなると、それは老人期の認知症と判断されます。

老年期の認知症という場合、初老期認知症と老年期認知症の二種類に大きく分類されます。

六十歳までの初老期に現れる場合、「初老期認知症」と呼ばれ、その後七十歳位に現れた場合を「老年認知症」と呼ぶように分けられています。

家族の絆、愛情の深さを問われる事もおおい認知症と共に生きるという事。

きっと意味のある事だと思います。
[PR]
by alzheimers1 | 2009-10-06 11:49 | 老人期の認知症

老人期における認知症の種類

老人期の認知症として問題になるものとして、★ピック病★コルサコフ症候群★アルツハイマー型認知症★クロイツフェルト・ヤコブ病の四種類があり、その中でもアルツハイマー型認知症とコルサコフ症候群が一般的ですが、クロイツフェルト・ヤコブ病、ピック病なども問題ではあります。


ピック病とは人格の大きな変化が特徴にあり、それまで穏やかだった人が急に他人に迷惑をかけることが平気になったりして周囲の人たちを驚かせます。

それ以外にも、注意力が散漫になって、物事を覚えようとする意欲がなくなる為に、記憶力が低下したように見えますが、記憶力と見当識はあまり犯されていません。

ピック病には独立した遺伝が関係する病気と考えられています。


クロイツフェルト・ヤコブ病は感染症の一種と考えられていて、遅発性ウィルス感染症とか、プリオンという新しい病原体が原因とする説が強く、その多くは五十才代に発病し、いろいろな精神症状を示しながら急速に認知症化します。


長い間クイスフェルト・ヤコブ病の原因は不明だったのですが、最近、ウィルスよりも小さな病原たんぱくが原因であることがわかっています。これがプリオンと呼ばれます。

大脳や小脳に特徴的な海綿状態がみられ、クロイツフェルト・ヤコブ病では、二年ほどで死にいたってしまいます。
[PR]
by alzheimers1 | 2009-09-16 10:19 | 老人期の認知症



アルツハイマー型認知症はまだハッキリとした治療法が見つかっていない病気ですが、アルツハイマー型認知症と付き合っていく為に、少しでもお役に立てれば幸いです。
カテゴリ
全体
アルツハイマー型認知症の原因
進行を遅らせる
予防する
アルツハイマー型認知症の症状
認知症になったら
アルツハイマー型認知症の薬
老人期の認知症
健康の為に気をつける
育毛の知識
睡眠
未分類
最新の記事
以前の記事
お役立ちリンク集
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧