アルツハイマー型認知症 進行を遅らす為に。

カテゴリ:予防する( 1 )

認知症かどうか長谷川式簡易知能評価スケールで調べる

長谷川式簡易知能評価スケールは、認知症の診断において、記銘力、見当識障害および記憶力を判断するのに用いられます。

評価法:20点以下は認知症の疑いあり、30点(満点)は正常

一.年齢を聞く →正解は1点(2年までの誤差はOK)。

二.現在のの年月日を聞く →年、月、日、曜日の各1つ正解で1点。全部が正解の場合は4点。

三.今いる場所を聞く→自発的に答えられれば2点、5秒おいて病院施設か家の中から正しい選択ができれば1点。

四.三種類の言葉単語を言って、そのまま言い返してもらう→系列のうちいずれか1つを採用して○をつけておきます。a、b、cのうち1つ正解で1点、2つで2点、すべて正解で3点。

五.簡単な算数として、順番に百から七を引いてもらう→ひとつが正解で1点、二つが正解で2点(ひとつ不正解の場合はそこで終了する)。

六.言う数字を逆に言ってもらう。→ひとつが正解で1点、ふたつが正解で2点(逆唱に失敗したらそこで終了する)。

七.4の質問をもう一度言ってもらう。→自発的に回答があれば、a、b、c各2点、回答がない場合、ヒントを与え、正解すれば各1点。

八.五つの品目を見せて隠した後、何があったかいってもらう。  →鍵や時計、もしくはペン、硬貨など必ずお互いに関係のないものをみせて答えてもらう。各1点、全部が正解の場合は5点。

九.知っている魚の名前をできるだけ多くいってもらう。→答えた魚の名前を記入(途中で回答に詰まり、約10秒まっても答えられない場合はそこで終了する)し、5つ正解で0点、6つで1点、7つで2点、8つで3点、9つで4点、10で5点
[PR]
by alzheimers1 | 2009-09-10 13:19 | 予防する



アルツハイマー型認知症はまだハッキリとした治療法が見つかっていない病気ですが、アルツハイマー型認知症と付き合っていく為に、少しでもお役に立てれば幸いです。
カテゴリ
全体
アルツハイマー型認知症の原因
進行を遅らせる
予防する
アルツハイマー型認知症の症状
認知症になったら
アルツハイマー型認知症の薬
老人期の認知症
健康の為に気をつける
育毛の知識
睡眠
未分類
最新の記事
以前の記事
お役立ちリンク集
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧