アルツハイマー型認知症 進行を遅らす為に。

カテゴリ:未分類( 6 )

準備をするということ

人間誰でも老化と共に記憶力が衰えることはあるものですが、生活に支障をきたすようなレベルになると問題となります。

★クロイツフェルト・ヤコブ病
★アルツハイマー型認知症
★ピック病
★コルサコフ症候群

等が、老人期の認知症として問題になりますが、これらの認知症症状が生じた場合に生活への支障を最小限にとどめて、これらの症状の発生を予防するための生活上のアドバイスが幾つかあります。

現在のところはっきりしていない認知症の直接的な原因ですが、環境の変化やからだの病気などがきっかけになって起こることが多いといわれている為、例えば会社を定年したりして、生活が急に変化する事で、認知症になる場合が多くなります。

そのために、普段から自分の健康に留意することがもちろん重要ですが、趣味や人間関係を仕事以外にも広げるなどして、生きがいのある生活をする為の環境を整備しておくことが重要です。

これには家族の理解と協力が必要で、認知症の症状のある老人を看護するご家族は、大変な負担を負いながらですが、そのよしあしでご本人の予後が変わってくる為、考えられる事はできるだけして差し上げたいものです。

地域の支援や医療機関を最大限に利用する事で、リハビリを家族が共倒れにならないようにしていくことが重要になります。
[PR]
by alzheimers1 | 2009-10-03 22:28

老人期の認知症 コルサコフ症候群についえ

認知症というのは、記憶力が悪化するのが主な症状で、知能の働きが低下して社会生活を正常に営むことが困難になる病気です。

社会的な問題として、老人ぼけといわれる認知症が、高齢化が進む現代において増加していることが在ります。

初老期認知症とはこうした症状が、四十から六十歳の初老期にあらわれた場合をいい、老年認知症とは六十五から七十歳の老年期に現れた場合をいいます。

これらの認知症は、脳動脈硬化などの脳血管障害によって生じる脳血管性認知症とは区別され、アルツハイマー型老年認知症とも呼ばれます。

現在、日本の六十五歳以上の4.8%はぼけ老人といわれます。

老人期の認知症として問題になるのは、
★ピック病
★アルツハイマー型認知症
★コルサコフ症候群
★クロイツフェルト・ヤコブ病

の四種類ですが、コルサコフ症候群というのは、健忘症とも呼ばれています。

病的な原因によって、自分のいる場所等がわからなくなったりするのを記銘障害と呼びます。

そのため、嘘をついてつじつまを合わせたりといったことが症状の中心となります。

脳の障害が原因にあるのですが、一酸化炭素中毒や脳腫瘍、慢性アルコール中毒、脳炎などでもこの記銘障害はみられます。

脳の中でも特に記憶障害と関係の深い乳頭体や間脳が損傷されるため起こりますが、原因となった病気によって経過は異なってきます。
[PR]
by alzheimers1 | 2009-09-15 13:18

アルツハイマー型認知症を治す薬は?

アルツハイマー型認知症の原因は、いまだにはっきりとは解明されていない為に、発病してしますと、その症状を改善することは非常に困難になりますが、昨今の研究により脳の代謝を改善する薬が多数開発され、多くのアルツハイマー型認知症患者さん方に対して使用されていて、確実な成果をあげつつあります。

しかし、認知症にともなってでる周辺症状とよばれる譫妄や暴力といった精神症状および行動異常に対して効果があるもので、認知症の中核症状である知能の低下に対して薬は作用せず、知能低下を改善する薬は、現在のところまだ開発されていません。

知能低下に対する治療には、神経と神経の間の情報連絡を活発にして、脳の働きを活性化するような薬や、脳の神経細胞の再生を促進し、失われた脳の機能を蘇らせる薬を使用することが必要にあるのです。

最近では、神経細胞が分裂、増殖するのに必要な神経成長因子の研究に期待が寄せられており、認知症の治療に有効ではないかといわれています。

脳の細胞は本来、一度死滅すると、二度と再生できないとされていて、増殖することはないと考えられていますが、ダメージを受けてはいるものの、まだ完全に死滅していない神経細胞が回復するのに神経成長因子が有効ではないかというもので、まだ動物実験段階ではありますが、改善効果があったという報告もでています。
[PR]
by alzheimers1 | 2009-09-07 13:44

アルツハイマー型認知症のリハビリについて

アルツハイマー型認知症等の、老人期の認知症患者をかかえたご家庭が看護をされるにあたっては、とても大変な労力が必要になりますが、患者本人の予後に大きく看護のよしあしが関係してくる為、できるだけの配慮をして、患者本人が生きがいをもって行き続けられる様な生活環境を整えてさせあげたいものです。

認知症の症状が進行すると、失禁を起こしたり、寝たきりになったりする事もあり、周りの看護で身辺を清潔に保つような配慮が必要になるとともに、リハビリとして知的な刺激を与えることは効果的です。

老人人口の増加により、リハビリを必要とする人の数は増える一方で、ご家族や周りの方が、正しいリハビリテーションの知識をもつ事が重要です。

リハビリテーションは、第3の医学といわれ、病気の予防、治療とならんで重要なもので、リハビリテーションの目的としては、障害を可能な限り克服して、障害をもったために人間らしく生きることを妨げられている人が、再び人間らしく生きる権利を回復して社会復帰を果たすことにあります。

リハビリテーションを成功させる為には、ご家族や地域社会全体で、心身両面からご本人を助け、協力しあい、その目的や、しっかりとした正しい知識を学び、こつこつと継続することがとても大切な事なのです。
[PR]
by alzheimers1 | 2009-09-06 14:44

痴呆、認知症等の現状

後天的な脳の器質的な障害によって、いったん正常に発達した知能が低下した状態を、認知症というのに対して、先天的に脳の器質的障害がある状態のことを知的障害といいます。

痴呆という言葉ではなく認知症という用語が、近年用いられるようになりました。

※厚生労働省の用語検討会によって2004年、行政分野および高齢者介護分野において痴呆の語が廃止され認知症に、用語を変換する報告がまとめられたのです。また、各医学会においても2007年頃までに、言い換えが完了しています。

画像診断では微小病変が見つかっているような場合でも、脳血管障害の場合は、これらが本当に認知症状の原因になっているかどうかの判別は難しく、脳血管性認知症と診断されてきたのが、実際はアルツハイマー病が認知症の原因となっている場合も多く、脳血管障害を伴うアルツハイマー型認知症と呼ばれています。


認知症の原因となる主な疾患には以下のものがあり、生活に支障をきたすような認知機能障害が生じた場合に、「認知症」と診断されます。

・正常圧水頭症
・アルツハイマー病などの変性疾患
・ビタミンなどの代謝・栄養障害
・甲状腺機能低下
・脳血管障害
[PR]
by alzheimers1 | 2009-08-31 10:16

アルツハイマー型認知症になる原因とは?

アルツハイマー型認知症になる原因として、アルミニウム原因説と呼ばれる、アルミニウムイオンの摂取がアルツハイマー型認知症の原因のひとつではないかという説がありますが、アルツハイマー型認知症のはっきりとした原因は現在のところ明確にはなっていません。

しかし現在のことろ、日本アルミニウム協会では、腎臓機能障害との関わりを示していて、アルミニウム原因説は一般的に認められていないのが現状です。

アルツハイマー型認知症の患者さんの脳内には、確かに健常者に比べると数十倍のアルミニウムイオンが検出されていて、
アルミニウムを含んだスクラルファートといった医薬品には、腎臓の働きが悪いと中毒になる恐れがあるという注意事項が示されていますが、それがアルツハイマーが原因で起こる症状なのかどうかまでは現段階では不明です。

アルミニウムイオンは血液脳関門によって脳に達しないという見方も従来はありましたが、現在では、血液脳関門を突破することが明らかになっています。

アルミニウムイオンは植物では、カラマツやオオイタドリやの新芽などに多く含まれる成分で、土壌の十倍から二十倍も硫酸アルミニウムとして含まれています。

その他の食品でいうと、硫酸アルミニウムとしてタマネギにも多く含まれていますから、普段の食生活で生体内に自然に取り込まれています。

本来なら水に溶出しないアルミニウムイオンが、家畜堆肥やバーク堆肥の再利用により、ナトリウムカリウムの過剰からくる浸透圧で粘土鉱物から溶出しているのです。


アルミニウム原因説は一般的に認められていないのが現状ですが、アルツハイマー型認知症の発症とアルミニウムとの因果関係を完全に否定する事もできません。

ただし、アルミニウムを摂取しないことによる欠乏症もない為、あえて摂取する必要もありませんが、普段の食生活で摂取する量で、アルツハイマー型認知症になる原因として影響があるのかどうかと、その危険性を過度に心配する必要もないでしょう。
[PR]
by alzheimers1 | 2009-08-28 15:29



アルツハイマー型認知症はまだハッキリとした治療法が見つかっていない病気ですが、アルツハイマー型認知症と付き合っていく為に、少しでもお役に立てれば幸いです。
カテゴリ
全体
アルツハイマー型認知症の原因
進行を遅らせる
予防する
アルツハイマー型認知症の症状
認知症になったら
アルツハイマー型認知症の薬
老人期の認知症
健康の為に気をつける
育毛の知識
睡眠
未分類
最新の記事
以前の記事
お役立ちリンク集
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧