アルツハイマー型認知症 進行を遅らす為に。

夜寝る前の腹式呼吸

毎朝目が覚めた後に、10回程度の腹式呼吸をすることにしています。

目が覚めて間がないときでも、ゆっくりと腹式呼吸をすることで精神的な落ち着きと目覚めを作り出すことが出来るからです。

これは、夜眠りにつく前にも行います。

寝る前にすることによって、この精神的な落ち着きが出てきて、睡眠の質にも影響が出るからです。
[PR]
by alzheimers1 | 2009-11-16 23:27 | 睡眠
<< 夜寝る前にしてはいけないこと 睡眠の質を上げるために出来る事 >>



アルツハイマー型認知症はまだハッキリとした治療法が見つかっていない病気ですが、アルツハイマー型認知症と付き合っていく為に、少しでもお役に立てれば幸いです。
カテゴリ
全体
アルツハイマー型認知症の原因
進行を遅らせる
予防する
アルツハイマー型認知症の症状
認知症になったら
アルツハイマー型認知症の薬
老人期の認知症
健康の為に気をつける
育毛の知識
睡眠
未分類
最新の記事
以前の記事
お役立ちリンク集
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧